【作品レビュー】Kan Sano “Susanna” Release Live|『Susanna』の世界を追体験。俊英プロデューサーによる117分の“長い夢”
見出し画像

【作品レビュー】Kan Sano “Susanna” Release Live|『Susanna』の世界を追体験。俊英プロデューサーによる117分の“長い夢”

キーボーディスト/プロデューサーのKan Sanoが2020年に発表したアルバム『Susanna』。2019年リリースの『Ghost notes』以降もさまざまなアーティストとの仕事で手腕を発揮、音楽性の拡張を続けてきた彼による目下の成果物となるこのアルバムは、ハウスやディスコ、トラップ、アーバンR&Bなどを取り入れた外殻のカラフルさとシンガーソングライターとしての成長が調和した意欲作であった。

そんな『Susanna』のリリース1ヶ月後、いまだコロナの影響がライブシーン全体を覆う2020年12月17日(ライブ中に本人が触れている通り、この日の同時刻、東京都では小池都知事による緊急会見が行われていた)に、渋谷WWW Xにて開催された『Kan Sano “Susanna” Release Live』。この夜のライブの模様はオンラインでも同時中継されている。

電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」による有料会員向けサービスZAIKOプレミアムでは『アンコールシアター』と銘打ち、過去ライブのアーカイブをさまざまな形で公開中。Kan Sanoによるこの日の約2時間に渡るライブもノーカットで視聴可能となっている。

まずはZAIKOプレミアムにアクセスし、会員登録。その後、TOPにある“1ヶ月無料トライアル”をタップすれば有料会員登録ができる。現在ZAIKOプレミアムではアカウント登録後、1ヶ月間は有料コンテンツすべての動画を無料で視聴し放題なのだ。このグッドタイミングに乗じて『Kan Sano “Susanna” Release Live』を楽しませてもらおう。なお、観たい作品を探す場合は右上の虫眼鏡マークから検索ができる。

画像1

まず映し出される薄暗いWWW Xステージ全景の画。壇上には所狭しとライブで使用されるであろう楽器、機材群が並べられている。ほどなくこのライブの主役たるKan Sanoの登場。クリームベージュのジャケットをラフに着こなし、愛機であるキーボードKORG Grandstageをつまびきながら会場の観客に語りかける。

冒頭10分強のコミュニケーションは演奏中の曲間MCを極力排すためであるようだ。“長い夢を観ていってください”の言葉をきっかけに『Susanna』収録“You and I”の一節を歌い、バンドメンバーを迎え入れる。

画像3

ドラムは菅野颯、ベースに森川祐樹という慣れ親しんだ鉄壁のアンサンブルで、そのまま新作の冒頭を飾る“Flavor”へと流れ込む。配信のカメラはステージ右側と左側、3人全体が映る正面引きのアングルの3台に加え、ステージ上のキーボードを寄りの画角で収めるカメラが加わる。これによって普段は見えづらい鍵盤の細かなタッチまで視認することができ、配信ライブで観ることの特権であるといえる。

画像4

ライブの中盤、“My Girl”では見事なベースソロ、“DT pt.2”ではドラム演奏など、Kan Sano(ならび、それに対応する菅野、森川ふたりの)のマルチプレイヤーっぷりに舌を巻く。途中、“C'est la vie”や“瀬戸際のマーマレード”など客演楽曲のセルフカバー、“Sit At The Piano”の菅野による怒涛のドラムソロ(なんと6分半!)を経て、ライブは佳境へ。“Susanna”におけるダンス要素の肝である楽曲“She's Gone”、“Good Luck”から“You and I”へとシームレスな流れでライブ本編を終了。

画像5

オーディエンスのアンコールに迎えられ、ライブ用にアレンジを加えた“Stars In Your Eyes”、ラストには“小さな声でもちゃんと聞こえてるよ、って曲を歌います”とギター弾き語りでの“ほんとは”を披露。素朴で朴訥、ときにつまづきながらとつとつと歌うさまはまさに本公演における白眉であり、シンガーソングライターKan Sanoとしての真骨頂。楽曲終盤の「聞こえるの? 聞こえるよ」のリフレインは会場のオーディエンスのみならず、配信を観ている観客にも深く響いたことだろう。

画像2

今回の『Kan Sano “Susanna” Release Live』視聴を通して強く感じたのは、新様式への可能性というポジティブな側面であった。自粛ムード下の一服の清涼剤として、会場に行かずとも、いつでも、どんな場所でもライブを楽しめるという選択肢があるのは音楽ファンにとって喜ばしいことだ。ぜひ“体験”としてのライブストリーミングをZAIKOプレミアムを通して味わってもらいたい。

【イベント詳細】
公 演:Kan Sano ”Susanna” Release Live
日 程:2020年12月17日(木)
会 場:渋谷 WWW X + Online Streaming
主 催:origami PRODUCTIONS

【ZAIKOプレミアム 作品視聴ページ】

https://zaiko.io/premium/media/Kan-Sano-Susanna

ZAIKOプレミアム『アンコールシアター』では、Kan Sanoが2020年10月に行った「ONEMAN LIVE “PLAY WITH 2020”」や在籍するorigami PRODUCTIONS アーティストが一堂に会するイベント「origami SAI 2020 Tokyo」も配信中!
【ZAIKOプレミアムとは?】
月額600円(税込)を支払うことで、ライブコンテンツなどZAIKOのさまざまなサービスをプレミアムランクでお楽しみいただけるサブスクリプション型の会員サービスです。ご利用いただけるサービスは下記の3つがあります。(2021年6月現在)

① アンコールシアター
音楽、舞台、イベント、お笑い、e スポーツなど、さまざまなライブ・エンターテイメント映像が見放題となるビデオ・オン・デマンド(VOD)サービス。
② +HDオーディオ
最高音質でライブイベントを視聴できる追加オプション。追加料金を支払うことなく、最大384kbpsの高音質でライブを楽しむことができます。
③ +Archive
「+Archive」対応イベントで通常よりも長い期間のアーカイブ(14日間/30日間)を視聴することが可能となります。

https://zaiko.io/premium

ZAIKOのさまざまな情報をTwitterでおつたえしています♪

スキありがとうございます!!
電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」公式note。企業活動やサービス・機能の紹介、海外展開やマーケティング、収益化のヒントとなる情報を発信します。 公式サイト▶https://zaiko.io 主催者様お問い合わせ▶https://zaiko.io/business